BLOG

東京で9年間勤めた私の九州Uターン移住記【佐賀県有田編】 /Koba

みなさん、ごきげんよう。
 
 
生まれも育ちも福岡、
 
東京勤めをして、
 
佐賀にUターン、
 
なぜなら自動車学校にUターン♪(2回目)
 
 
自動車免許取得して約2年とちょっとたつ、コバです。
 
 
 
 
 
本ブログでは、

 

東京での暮らしと、九州での暮らし(特に福岡、佐賀)について

拙者が感じたことをつまびらかに言及していく。

 
 
 
 
今回の舞台は佐賀県有田町、
 
今回は有田町での生活で気づいたことを
 
現場から詳らかに伝えていく。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いや、今回は趣を凝らし、最初だけ、拙者が感じたことを語るが、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回はサウナについて熱く語る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サウナの話に興味のない方は、この章は飛ばして構わないです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いや、本章を読み終わった後は、みなさんサウナに直行していることでしょう。。。
 
そして帰り際この言葉を発していることでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ととのったぁ~」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■INDEX
 
第1話 初級編~自己紹介&九州移住日記
 
第2話 佐賀県伊万里編~佐賀県の熱男!燃えるハートを持った地域の中年男性
 
第3話 佐賀県有田編~焼物だけではない!実は知らない豊かな地域のコンテンツ探求@サウナ
 
※第4話以降は次回のお楽しみに!
第4話 福岡県糸島編~食の宝庫!日本一が意外にたくさんある地域の魅力
第5話 転職活動編~Uターン転職日記編
第6話 終盤編~これからの地域での働き方と&移住日記完結
 
※拙者の書きたい気持ちが変われば、内容が変わる場合がありますが、その点はご了承下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

東京で9年間勤めた私の九州Uターン移住記

【佐賀県有田編】

 
 
 
 
佐賀県には非常に興味深い事実やイベントがたくさんある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幕末の藩主、鍋島直正の偉業(日本初の鉄製大砲を鋳造、蒸気船の製造に成功)
 
 
人口2万人の町に120万人以上が集まる有田陶器市
 
 
世界に誇る黒毛和牛最高級ブランド、佐賀牛
 
 
100機以上のバルーンが参加する、佐賀インターナショナルバルーンフェスタ
 
 
小学校の社会科で習った吉野ケ里遺跡
 
 
はなわの自虐ソングSAGA(エスエージーエー)「佐賀県」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
色々伝えたいことがあるが、今回はある1点のみ集中して伝えることとする。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヌルヌルで有名な有田温泉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※有田温泉前にて興奮する拙者
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本一のヌルヌル温泉で有名な有田温泉である。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

その前に私の趣味をお伝えする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サウナである。

 

 

 

 

東京生活時代、自他ともに認めるサウナー(※)であった。

(※サウナーとはサウナに週3回以上行く人のことを言う)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
週に6回以上行く人はトッププロサウナーの認定を得ることができるようです。

 

 

 

 

サウナが好きすぎて、関東一円のほぼ全てのサウナを制覇

 

 

 

 

 

 

ロウリュウ(熱波)(※)についてもほぼ制覇。

(※ロウリュウはググって見て下さい。とりあえずサウナの中におけるめっちゃ熱い波ですw)

 

 

 

 

超剛腕熱波士(ちょうごうわんねっぱし)グランプリという

ロウリュウ好きにはたまらない、それ以外の方からしたら訳分からん

グランプリ決定戦です(笑)

※完全に「ととのった」表情をしている拙者

 

 

 

 

 

お給料の大半をサウナに投資。

好きすぎて後輩を引き連れ遠征試合(サウナーの聖地、静岡のしきじ※)実施

(※興味のある方、静岡 しきじ 最高 でググって下さい)

 

 

 

 

 

 

 

 

サウナ後に飲むビールのために働いていると言っても過言ではありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「サウナっておじさんがいくとこでしょぉ~」

「熱いのを我慢するなんて訳分からないっ!」

「汗かいたおじさんキライ」

 

 

 

 

そんな皆さまのためにサウナについて、そしてサウナの効能についてご説明しよう。

 

 

 

■サウナとは(こば談)

サウナ→水風呂→休憩を最低3セット繰り返すことによって、「整う」という経験を行うことです。

サウナ浴と水風呂を繰り返す「温冷交代浴」

 

 

あっついサウナに入ることで血行が良くなります。

汗を大量にかくことで老廃物が外にでます。

その後

冷たい水風呂に入ることで

毛穴が収縮し皮膚が引き締まります。

血行が締まり、血圧が上がり、心臓がポンプのようにバクバクいいます。

その後、休憩。

サウナ→水風呂と急速な温度変化を経験した後の休憩、血圧が元の状態に戻り(ととのえる)、ディープリラックスが訪れます。

 

 

 

 

 

これを3セットくらい繰り返した後、水風呂を上がって休憩をしていると、リラックス状態が極限に。。。

 

 

 

 

 

「なんだこれは。。。。」

 

 

 

 

何とも言えない恍惚感、

 

 

 

地球上に存在しているのに宇宙にいるような感覚。

 

 

 

 

なんかよくわからんけど、めっちゃきもちいい。。。

 

 

 

その時、発することでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「整った(ととのった)-----!!!!!!!」

※書名『マンガ サ道 マンガで読むサウナ道2』 著名 タナカカツキ  コバのkindleから引用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなサウナーの私も「最高!」「ぷはぁー!」「あぁあぁ。。。。。」「うひょー!」と(ダメ人間のように)言わせるのが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有田温泉のヌルヌル水風呂!!!!!!」

 

 

 

 

水風呂が天然の湧き水(温泉)でめっちゃ冷たくてめっちゃ気持ちいい。

 

 

温度も17℃。最高に気持ちよく、余裕で整います。

※拙者のクラスになると水風呂に入るだけで温度が分かります。25℃以上の水風呂はもはや熱湯です。

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、いちおうひとこと

 

 

 

いやいや、水風呂めっちゃ冷たいじゃん。

水風呂入るやつ頭おかしいんじゃね?

何で冬に水風呂入ってんの?バカじゃん

 

 

 

 

 

 

という声が聞こえてきそうだが、

 

 

 

 

慣れると全くそんなこと無し、冬の水風呂とか最高である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温泉と同様に、天然水風呂もヌルヌルは維持、そして何より塩素臭0(※)

(※塩素臭ってのは小学校のプールに入る前の腰洗い槽を思い出してみて下さい。塩素臭0ってのは塩素っぽい臭いが全くなく、まさに天然の湧き水!)

 

静岡のしきじを彷彿させる程の、水風呂ですので、余裕で整います。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

そして何より、PH値:9,43!!!!!

 

PH値が高いと、アルカリ性らしい!わたしゃ難しいことはよく分からんけん、分かりやすく言うと!

 

 

 

 

 

美肌に良い!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

日本三大美人の湯、嬉野温泉がPH8.6らしいので、

 

 

 

 

めっちゃ美肌に良い!!!!

※いや、おまえの肌、美肌やないやんけ禁止

 

 

 

 

だからヌルヌルなんですねぇ~。

 

 

 

 

 

とにもかくにも有田温泉のサウナ&水風呂、めっちゃおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに!

 

 

 

昨年から「サ道」なる深夜ドラマも放映され、一気に「ととのったぁ~」が流行語に。

柔道、華道、に並ぶ「サ道」。とうとう「道」の世界まで足を踏み入れた、サウナ。

 

 

 

 

女性にも優しい、温度低め、湿度高め、のオヤジサウナと岩盤浴の間のようなサウナも流行に。

 

 

ちなみに東京では、男性だけでなく女性にも人気のサウナがたくさんあります!

新宿とか東池袋とか、東京ドームシティとかとか。

 

 

 

 

 

 

有田温泉行きたくなりましたよね??

 

 

 

 

ととのいたくなりましたよね?

 

 

 

 

 

 

地域には地域の方々に愛された素晴らしい施設がいっぱい

 

 

 

僕はコロナが収まったら有田温泉に真っ先にいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかん、本ブログでは、

東京での暮らしと、九州での暮らし(特に福岡、佐賀)について

拙者が感じたことをつまびらかに言及していく。

であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ僕の有田温泉愛が伝わってくれれば、それでいいや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回4話目の舞台は、福岡県糸島市

移住したいランキング上位常連である福岡県糸島市、

糸島市の良さをより詳細に、あますところなく現場からお伝えします。

 

第3話完~

※次回に乞うご期待

 

PICK UP!