NEWS一覧 >

Steamship?

私たちは、地域から、社会を、未来を変えることができると信じています。”かせぐ地域”をつくることに価値があると思っています。そこで私たちは”かせぐ地域”をつくるために、地域に眠っている宝を見つけ、磨き、発信していきます。そうやってヒト・モノ・カネ・情報が集まる地域を増やし、”地域が積極的に選ばれる社会”をつくっていきます。

 

地域には仕事がないとよく耳にします。働きたい魅力的な会社がないとも言われます。

果たして、本当にそうでしょうか?

私たちはそうは思いません。なぜなら・・・

 

ABOUTもっと詳しく

STORY


 
「Steamship」
今から150年以上前、地域で生まれた「ある技術」が日本を救いました。1853年、ペリーが、突如、黒船で日本へ来航した頃のことです。
当時の人々は、これまで見たこともない大きな黒い船と共に、その船が積んでいた「鉄製大砲」と「蒸気機関」という2つの先進技術を大いに恐れたと言います。当時の日本では、進んでいると言われていた水戸藩と薩摩藩でさえ、鉄製大砲より下のランクである「青銅砲」、さらに、その試作品を製作するので精一杯でした。この危機をいち早く理解し、数々の革新的な取り組みによって、とうとう自ら鉄製大砲と蒸気機関の製造を可能にしてしまった藩があります。それは、佐賀藩です。
翌年、再び、日本へ訪れたペリーが見た光景はまさに青天の霹靂であったことでしょう。なぜなら、この短い期間に日本でも鉄製大砲と蒸気機関で動く船を完成させていたからです。このことが日本が植民地にされず、文明開化の灯火と共に明治維新のきっかけとなったと言っても過言ではありません。150年以上前は、地域もヒト・モノ・カネ・情報が集まっていました。むしろ、地域から発進していました。
それから時を経た現在の日本では、人口減少・東京圏一極集中が進み、地域は衰退の一途を辿っています。また、第四次産業革命でさまざまなものがインターネットに接続し、さらにそれらをAIが制御していく、そんなSFのような世界が広がりつつあります。目まぐるしく変化する現代の大海原において、世界の最先端の課題が、日本の地域には山積みです。地域には世界を変えるヒントがあります。「地域の魅力を結集し、新たなイノベーションの波を起こしていく」そうした想いに共感したクルーが集まり、「地域の宝探しカンパニー」Steamshipは帆を上げました。歴史上の偉人たちが、地域から日本を変えたように。
 
 
「ロゴ」
日本初のSteamship(蒸気船)である「凌風丸」をモチーフにしています。
蒸気船の象徴でもある「煙突」。
ロゴの中心に3本並んだ煙突は、創業時の3人のメンバーを表します。煙突から生まれた3つのS(Screw = スクリュー、Scale = スケール、Sustainable = 持続可能な)が、やがてひとつになり、あたらしい形をつくります。3つの「S」を「Team」として繋げ、推進力「Steam」へと変えていく「Ship」。
それが私たちSteamshipです。
 
 
 
「4月13日」
Steamshipの創業は4月13日。
この日は佐賀七賢人の一人、江藤新平の命日です。江藤新平は、激動の明治維新の時代、民の視点で物事を考え、四民平等・学校制度・警察制度・司法制度を整備し近代国家の礎を築きました。その志には、今も学ぶべきものがたくさんあります。私たちも江藤新平のように、「民の幸福」を追求しながら、社会に対して新たな価値観や正しい本質を絶えず投げかけていく、そんな想いをずっと忘れないようにしたいと思い、この日に創業しました。

 

CONTACTお問い合わせ

RECRUIT

「月曜日が好きになりました。」

Steamshipのクルーとなり、地域の宝探しの旅をしませんか?地域には宝が溢れています。その宝を掘り起こし、磨いて、地域が積極的に選ばれる社会を共につくりましょう。

RECRUIT詳しくはこちら