NEWSニュース

長崎県立大学生とワークショップを行いました。

5月31日(金)、長崎県立大学生と弊社メンバーの古川と古賀がワークショップを行いました。

本授業は「地域と企業演習」内の「そのぎ茶市から考える」というコースのワークショップでした。
学生さんたちは毎年東彼杵町で開催されるそのぎ茶市を活用し、地域情報・住民意見等の収集を行い「東彼杵企画」の立案・実施につなげます。

ワークショップでは、スチームシップが東彼杵町とどのように関わっているのかなどをお話ししました。

 

学生さんたちの企画案は
・東彼杵にはあまりお店に誘導するような看板がないため、看板の設置をする。
・東彼杵のカフェや飲食店を巻き込んだイベントの計画。

 

など、東彼杵町の活性化につながる企画がたくさんありました。

 


皆さま、ありがとうございました!