NEWSニュース

長崎国際大学にて寄附講座の講師を務めました。

2018年11月19日(月)長崎国際大学にて
弊社代表の藤山雷太がCOC+(Center of Community Plus)寄附講座の講師を務めました。

 

COC+寄附講座は、受講学生に地元の社会・経済についての理解を深め、
地元への関心を喚起することを目指すものです。

藤山は長崎国際大学「キャリア開発B」の第8回にて、
「地域の会社だから出来るイノベーション」というテーマで講義を行いました。

 

当日は、藤山のこれまでの経歴・経験や、
地域の会社であるスチームシップの事業内容等を紹介させていただきました。

 

 

長崎国際大学の学生の皆さまからたくさんの感想をいただきましたので、
いくつか紹介したいと思います!

 

・藤山社長が楽しんで仕事をしているのが講義の話し方からひしひしと伝わってきました。今までの講義の中で、一番面白かったです。

・地域でしか出来ない・出せない価値、東京の人たちには出来ない・出せない価値を見出そうというスチームシップの取り組みにすごいと感じた。こういう所で働きたいと感じた。

・自分は、将来福岡や東京といった都市で働こうと考えていたけど、価値=希少性であるなら、確かに都市に出ていかなくても、地方で自分の価値を見つけることもありなのかもしれないと思いました。

・チャンスを逃すことなく頑張りたいと思わせてくれた。

・今回の講義は前回までと違った雰囲気で、若い世代に受けが良いような資料と話でとても新鮮な感じだったことが印象に残った。

・藤山さんの話し方もフレンドリーでフランクだったのでとても聞きやすかったです。

・将来の事が見えなくて、何をやればいいか、とても分からなっていました。しかし、今日の講義を聞いて、価値などを問われて、私の価値とはなんだろうと考える時間も出来たのではないかなと感じました。

・私はあまり授業に集中しないのですが、藤山社長の人柄と話し方にかなり集中して講義を受けました。大学で一番楽しい授業だったと思います!

 

受講してくださった皆さま、ありがとうございました!

 

NEWS一覧 >