NEWSニュース

佐賀県立唐津東中学校・高等学校で講演を行いました。

 

2017年12月7日、佐賀県立唐津東中学校・高等学校にて、弊社代表の藤山雷太が「明日、仕事だと思うとワクワクして眠れない。~社会には面白いことが溢れている~」と題した講演を行いました。

 

唐津東中学校・高等学校での講演会

 

中学1年生~高校3年生の生徒のみなさまから感想をいただきましたので、以下でいくつか紹介いたします。

  • 人は頭を使い、ロボットにはできないユニークな発想や、人を楽しませ、いやすようなコミュニケーションをする必要があると思いました。
  • 自ら人生においての楽しいこと、挑戦してみたいことを見つけて、人生を明るくしたいと思いました。
  • 私は消極的で自分から動くということをするのが苦手ですが、今回の講演を聞いて、自分が楽しくなるんだったら積極的にするのもいいのかなと思いました。
  • 今回の講演で、仕事は全力でやれば楽しくてやりがいがあることだと思ったので、どういう仕事にも全力で取り組めるような大人になりたいです。
  • こんなに楽しそうに仕事について話している人をあまり見たことがなく、とてもおどろきました。自分もそんなやりがいのある仕事をしたいと思いました。また、自分だけでなく、まわりの人も楽しくできるような仕事をしたいと思いました。
  • 人は自分の気持ちの持ちようで物事を成功させることができるかどうかが左右されるとわかりました。何事も自分の興味をもって取り組めば新しいものが見えてくると思ったし、とことん追究して自分に自信を持った状態で社会人になりたいです。
  • 「何がしたいのか」「どうすればできるようになるのか」などを周りに流されずに自分の頭で考えて行動するから、仕事が本当に楽しくなるんだなあと気づくことが出来て本当に良かったです。
  • 最初から与えられたものの中で生きているだけでは、これからの自分の思考力は伸びないと思います。これは世の中にも当てはまると思います。これからの世の中を創造していく立場である私たちは、よりいっそう自分の頭で考えるということを日常的に行っていく必要があるということが実感できました。

 

 

 

 

 

NEWS一覧 >