スチームシップインターン記2018~望編~

 

今年(2018年)の夏に、スチームシップに4日間(9/4~9/7)のインターンにきてくれた
のんちゃん(大阪教育大学の3年生)からレポートをもらったので掲載します!

大学でサッカーをやっているサッカー大好きのんちゃん!
次第に笑顔が増えていく姿が魅力的でした。
のんちゃんはこの期間中、どんなことを考えていたのでしょうか?

 


 

 

9/3~9/7の5日間、実際のインターンは4日間、
短期インターン生としてスチームシップさんでお世話になりました。

今回短い期間でしたが、地域だからできる「地域の宝探し」に触れ、
その楽しさにどっぷりとつかってしまいました。

そして、雷太さんを筆頭に、「地域の希望」となるべく、
誇りをもって仕事をしているスチームシップの皆さんの働く姿から
たくさんのことを学ぶことができました。

さて、インターンの最終課題として出されたこのブログの内容についてですが、
何を書こうか約1週間悩んだ結果、、、

インターン中に頂いた「ごはん」について書きたいと思います。

他のインターン生2人が、有田焼や鏡山でのこと等について書くと信じ、
私は、昼食や夕食で食べた「おいしい地域の宝」(たくさんある中から3つ)について振り返ります。

 

まず1つ目は、前泊初日に連れて行ってくださった【Kasane】さんです。

ここは、東京で料理人をされていた方が営んでいるお店で、
今年オープンしたばかりのできたてほやほやです。
古民家の温かい雰囲気とうさぎのシンボルが印象的です。

私は、野菜ソムリエの海鮮丼を頂きました。
彩もお味も素敵な海鮮丼でした!!

陶器市等で有田に訪れた際は、必ず!お越しください!

↓こちらから【Kasane】さんのことをより知れます。

Facebook https://ja-jp.facebook.com/kasaneArita/

HP      https://peraichi.com/landing_pages/view/kasane

(写真はHPより)

 

2つ目は、波佐見町のやきもの公園の入り口近くにある【Arbre-monde(アルブルモンド】さんです。

外観も内装も料理も、とってもとってもおしゃれなお店で、
若いお客さんが多くいらっしゃっていました。

私は、カレーを頂きましたが、今まで食べてきたカレーとまったく違うテイストでした。
つまり、ものすごくおいしかったです!

また、前菜やデザート共にクオリティが高く、
普段変なものしか食べていない下宿生にとって最高の時間でした!

ごちそうさまでした!

 

 

そして最後の3つ目は、藤山邸でのディナーです。
藤山邸とは雷太さんのご自宅のことで、マミさんの手料理を存分に味わってきました。

雷太さんに最終日の昼食の後「どこのご飯がよかった?」と聞かれたとき、
ふざけ調子でマミさんの手料理と答えたため、正直な答えじゃないと思われてしまったのですが、
本当のほんとに一番おいしくて、一番心に残っているごはんは「藤山邸」でのごはんでした!

たった4日間のインターン生をご自宅に招いて下さり、一緒にご飯を囲むことができ、
スチームシップカルチャーの1つ、「第3の家族」に本当になれたようで
本当にうれしかったです。
こんな素敵な会社があること自体「地域の宝」だと思います。

 

長くなりましたが、以上が「おいしい地域の宝」リポートになります。

インターンについて何も書かず、すいません…。

ここには記していませんが、
スチームシップでのインターンを通して感じたこと、
学んだことたくさんあります。

そのことをしっかりとアウトプットしつつ、
また、雷太さんそして、スチームシップの皆さんのような魅力的な方々に
これからたくさん出会えることを
スチームシップバッジに念じながらこれから頑張っていきます。

お世話になりました。ありがとうございました!

そして、一緒にインターンをした3人からもたくさん学ばせていただきました。
ありがとう!

(リュックサックにつけてます⛵)